1. TOP
  2. ヴェルサイユ宮殿を訪れる

ヴェルサイユ宮殿を訪れる

 2013/10/17 観光
この記事は約 2 分で読めます。 744 Views

豪華絢爛と名高いヴェルサイユ宮殿にも行ってきました。パリ市内からは少し離れているので、パリを拠点にしているならばRER(日本でいう私鉄のようなもの)に乗って移動が必要です。駅からヴェルサイユ宮殿までは、ほんの少し歩かなければならないんですがきっと退屈はしないはず。等間隔に植えられた街路樹とアンティークな雰囲気を残した建物が並ぶ歩道は、ただ歩いているだけでも楽しくなってしまいます。フランスは、本当に、どこを歩いても退屈しません!

 そしてしばらく歩いていくと姿を現す、横にどこまでも長く伸びるお城。綺麗に敷き詰められた石畳を進み、迎えてくれるのは黄金の門。嘘かと思うような光景です。日本のお城ももちろん見事ですが、やはり壮大さという点においては敵いません。残念ながら私たちが訪れた日は曇っていたのですが、晴れた日の青空を背景に見る宮殿や、太陽の光を浴びて光り輝く装飾はきっと息をのむ美しさでしょう。

 宮殿はルートが決まっているので、人の流れに沿ってたくさんの部屋を順番に進んでいくような形で見学します。どの部屋もまさに「豪華絢爛」のひとこと。こんな場所で、本当に人が生活していたのだろうかと疑ってしまうほどです。内装はもちろん、天井まで美しい細工が施されており見どころ満載。私は予備知識なしで行ってしまったのですが、宮殿で暮らしていた人たちのことをあらかじめ頭に入れて見学するともっと楽しいだろうなと感じました。

s-ko_ba-7

\ SNSでシェアしよう! /

フランス旅行記の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フランス旅行記の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

こば

この人が書いた記事  記事一覧

  • パリから日帰りで楽しめる「古城」

  • 街の音楽家

  • フランス人気質とは?

  • ヴェルサイユ宮殿を訪れる

関連記事

  • 街の音楽家

  • パリから日帰りで楽しめる「古城」

  • モン・サン・ミッシェルを歩く

  • ルーブル美術館の楽しみ方