タグ「夜景」がついているエントリー

西柵大街の夜景&足マッサージ屋

西柵大街を東へ、通安客桟ホテルの入口を目指して歩いていきます。建物自体は左側は、もうホテルなんですけどね。入口は突き当りなので、もう少し先です。右側に「足浴」という文字が見えていますが、足マッサージ屋さんなどもあるんですよ。

サムネイル:西柵大街の夜景&足マッサージ屋

橋2(景行橋)から見た西柵大街

橋3(万興橋)を北へ渡り、そして、橋2(景行橋)の上から東を見た写真です。見えている道は、メインストリート、『西柵大街』。


より大きな地図で 烏鎮西柵風景区 を表示

サムネイル:橋2(景行橋)から見た西柵大街

橋4(放生橋)から北側を見る

橋4(放生橋)のすぐ東側から対岸を撮った写真。夜が遅くなってきたので、店の中の電気が消えています。


より大きな地図で 烏鎮西柵風景区 を表示

サムネイル:橋4(放生橋)から北側を見る

霊水居

中心を流れる運河、『西市河』の南側を、通安客桟ホテルのある東のほうへ戻っていきます。右に見える建物の向こう側は『霊水居』で左側は『霊水居埠頭』です。霊水居は二万平方メートルもある、西柵での一番大きな庭園。


より大きな地図で 烏鎮西柵風景区 を表示

サムネイル:霊水居

烏鎮のカフェ

さっき、橋5(定升端)から見たカフェです(橋の南側)。運河沿いの席もいいですが、通り沿いも、こんなにオープンになっているので、気持ちよさそうですよね。聞くと、「夜10時半までやってるよ~」とのこと。店員さんもリラックスした感じでした。


より大きな地図で 烏鎮西柵風景区 を表示

サムネイル:烏鎮のカフェ

橋7(華雲橋)から東へ戻ります

今日のところは、西に行くのはここまで、ということで、橋7(華雲橋)から戻るところです。写真は、橋7(華雲橋)から東を見たところ。左の壁がレストランで、正面には、しゃれた門があります。


より大きな地図で 烏鎮西柵風景区 を表示

サムネイル:橋7(華雲橋)から東へ戻ります

橋7(華雲橋)から橋5(定升橋)を見る

橋7(華雲橋)から、北を向いて、橋5(定升橋)を見たところです。橋の手前が、さっきのレストラン。ね、北側は古い感じだったのに、西側がカッコいいでしょ?


より大きな地図で 烏鎮西柵風景区 を表示

サムネイル:橋7(華雲橋)から橋5(定升橋)を見る

橋5(定升橋)から北側を見る

橋5(定升橋)を南へ渡り終わる前に、北側を振り返って撮った写真。水面に写る明かりがキレイです。


より大きな地図で 烏鎮西柵風景区 を表示

サムネイル:橋5(定升橋)から北側を見る

橋5(定升橋)南側のレストラン

橋5(定升橋)南側、こちらはレストランです。このレストランは、ちょうど運河の十字路に位置していて、見晴らし良さそうです。北側は古めかしい感じですが、西側は、もっとオシャレな感じなんですよ。


より大きな地図で 烏鎮西柵風景区 を表示

サムネイル:橋5(定升橋)南側のレストラン

橋5(定升橋)南側のカフェ

こちらは、橋5(定升橋)南側にあるカフェです。実はこの西柵風景区、無線ランが飛んでいる場所が多いので、パソコンが使えます。長期の旅行で、こういう水郷に来て、川沿いのテラスで仕事っていうのもいいですよね~。(って、ここでも仕事?笑)


より大きな地図で 烏鎮西柵風景区 を表示

サムネイル:橋5(定升橋)南側のカフェ

橋5(定升橋)から西を見る

橋5(定升橋)から西を見たところです。西に向かって歩いてきましたが、歩いたのは、まだまだ3分の1ほど。西へ水郷が、まだ長く続きます。


より大きな地図で 烏鎮西柵風景区 を表示

サムネイル:橋5(定升橋)から西を見る

橋5(定升橋)の夜景

橋5(定升橋)を、橋6(雨読橋)から見た写真です。これも、キレイに撮れてお気に入りの写真。下からライトが当たっていて、アーチ部分が、非常に綺麗ですよね。西柵風景区で一番キレイな橋かも。


より大きな地図で 烏鎮西柵風景区 を表示

サムネイル:橋5(定升橋)の夜景

橋7(華雲橋)

橋5(定升橋)から見えた景色です。橋7(華雲橋)の下を、灯篭を載せた船がくぐって行きました。くぐった先は、地図で見ると、水上消防署になっていました。


より大きな地図で 烏鎮西柵風景区 を表示

サムネイル:橋7(華雲橋)

昭明書院

なんと今も使われている図書館、『昭明書院』です。到着したときに、ちょうど中の電気が消され、閉館に(笑)。時間が間に合わず、今回は、外観だけ。


より大きな地図で 烏鎮西柵風景区 を表示

サムネイル:昭明書院

霊水居埠頭

どんどん西に歩いていき、橋4(放生橋)を越えたところで、対岸に、船着場が見えました。『灵水居码头(霊水居埠頭)』(霊水居埠頭)です。私は結局乗らなかったのですが、このメインの運河『西市河』には、公共バスならぬ、『公共船』が運行されていて、市民の足になっているんです。さすが水郷。ちなみに運河も、右側通行です。


より大きな地図で 烏鎮西柵風景区 を表示

サムネイル:霊水居埠頭

家と家の間の路地

これは、家と家の間の路地を撮った写真。路地の先は、階段になっていて、運河に入っていきます。ここも、荷物の上げ下ろしや、洗濯などに、使われていたんでしょうね。

サムネイル:家と家の間の路地

西柵大街の夜景

橋3(万興橋)を北へ渡り、ここは、運河の北側、メインストリートである『西柵大街』です。なんかもう、時代劇に出てきそうな、風景ですよね。どんどん西向きに歩いていきましょう~!

サムネイル:西柵大街の夜景

橋3(万興橋)からお店を覗くと

これも橋3(万興橋)からの写真なんですが、橋から、ちょっとレストランの中が見えるんですね。こんな感じで、水郷の景色を見ながら、食事ができるんです。烏鎮西柵風景区なら、やっぱり、夜景を見ながらの晩御飯がいいですよね。


より大きな地図で 烏鎮西柵風景区 を表示

サムネイル:橋3(万興橋)からお店を覗くと

橋3(万興橋)から西向き

橋3(万興橋)を渡る途中、西向きに撮った写真。左側に階段が見えていますが、今も、この運河は、実用として使われているんです。昼間だと、小包などを載せた船が、この階段に着き、荷物を下ろしていくんですよ。


より大きな地図で 烏鎮西柵風景区 を表示

サムネイル:橋3(万興橋)から西向き

桟橋の上から3

これまた同じく、桟橋の上から、北向きに撮ったものです。ちょうど正面に、橋2(景行橋)が見えているバージョン。景行橋の向こう側に見えているのは、渡し舟の船着場です。


より大きな地図で 烏鎮西柵風景区 を表示

サムネイル:桟橋の上から3